FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



パートさんやアルバイトも雇用保険に加入しなければなりませんか

パートさんやアルバイトも雇用保険加入しなければなりませんか



問い(Q)

 わが社は雇用保険に加入していますが、今度、アルバイトを使う(雇う)ことにしました。
雇用保険に加入させなければならないのでしょうか。

お答え(A)

 順次、整理してお話します。

まず、雇用保険適用事業所の(雇用保険に加入している)場合、
人を雇ったときに、どの者を雇用保険に加入させなければならない(被保険者にしなければならない)かは、
法律で決まっています。
法律では、どの者は、被保険者にならないか(適用除外)という決め方をしていますが。

これは、事業所や従業員の方本人が、
「入りたいか」「入りたくないか」で被保険者になれるか、なれないかを決められない、
事業所や本人の意思にかかわりなく、
被保険者になるか、ならないかが法律によって決まっているということです。

   今度雇われるアルバイトの方は、どのくらいの時間(例えば、一週間に何時間)
   勤務されますか。正確には、所定労働時間は一週間に何時間ですか。
   そして、どのくらいの期間、雇われますか。

     週4日、一日6時間のアルバイトです。
     期間は、とくに決めていません。

お答え(A)

 お聞きした限りでは、そのアルバイトさんは、
雇用保険に加入しなければ(被保険者にしなければ)なりません。

法律では、パートとか、アルバイトとか、就業形態の呼び方に関係なく、
被保険者とするか、しないかの基準を、1週間の所定労働時間と
雇用する(見込み)期間で決めています。

次のものは被保険者としない(この法律は適用しない)(雇用保険法第6条)

①1週間の所定労働時間が20時間未満のもの(同条二号)
②31日以上雇用されることが見込まれないもの(同条三号)

すなわちアルバイトでも、一週間の所定労働時間が20時間以上で、
かつ、31日以上雇用する見込みのものは、
雇用保険に加入させなければならないということです。

   ところで、アルバイトの方は何歳の方ですか。

      21歳で、大学生(昼間)です。


お答え(A)

学生さんですか。そうすると、また、結論がちがってきます。

 ③基本的に、昼間の学生さんは、雇用保険の被保険者とはなりません(同条五号)。

基本的に、というのは、
次のものは除かれる(被保険者となる)からです(雇用保険法施行規則第3条の2)。
一、卒業見込みで、卒業後も雇う見込みの者
二、休学中の者
三、定時制の課程に在学中の者(夜間にかぎらず昼間でも定時制は被保険者となります。
 通信制学生も同様です。高校生も定時制は被保険者になります)
四、その他、前3項に準ずるものとして、職業安定局長が定める者


なお、そのほかに、次の者は被保険者になりません。

○65歳以後に雇用されるもの
○季節をかぎって雇用されるもの
○その他

ただし、以下の人は、別の規定があります。
詳しくは、別途おたずねください。

○高年齢継続被保険者(65歳前から、65歳以後も引き続き同一の事業所に雇用されている者)
○短期雇用特例被保険者(季節的に4か月以上雇用され、かつ30時間以上の所定労働時間の者)
○日雇被保険者(日々雇用されるもの、30日以内の期間を定めて雇用される者)


雇用保険・労災保険、健康保険、厚生年金等の新規加入や
資格取得・喪失手続き、各種給付金申請手続き等

労働保険・社会保険のお問い合わせ、ご相談は

「親切・ていねい、安心・迅速」な

永江社労士オフィス(電話0572-27-5194)へどうぞ
    ↑
ホームページは上をクリック

永江社労士オフィスは、小さな企業さんを応援・サポートしています。

お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ、簡単なご相談は 無料 です。


ランキングに参加しています。
クリックしていただけると読者が増えるそうです。
応援のクリックを願いします。
   ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/94-3a75ae8a

 | ホーム |