FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



助成金と休業手当の会計処理について教えてください

助成金と休業手当の会計処理について教えてください



問い(Q)

労働局から中小企業緊急雇用安定助成金の支給決定通知がきました。
勘定科目は何にしたらいいでしょうか。
また、従業員に支払った休業手当は、源泉徴収や労働・社会保険料の控除が必要でしょうか。

お答え(A)

①助成金の勘定科目ですが

助成金の勘定科目は、雑収入です(損益計算書では、営業外収益の雑収入となります)。
伝票への記入は、「貸方」雑収入(助成金) ○○○○○○円、
摘要欄 中小企業緊急雇用安定助成金(中安金と略してもいいでしょう)
「借方」普通預金 ○○○○○○円 となるでしょうか。
年間を通すと、一定の収入となりますので、雑収入の内訳として
助成金収入(できれば、種類別に)がどれだけあったか、わかるようにしておくといいかと思います。

なお、助成金の消費税は、非課税ですので、そのように会計処理してください。

②次に休業手当の給与計算上の注意点を申し上げます。

休業手当は、労働基準法上及び雇用保険上の「賃金」です。
社会保険(厚生年金・健康保険)では、報酬に含まれます。
すなわち、源泉徴収と労働・社会保険料の算定基礎となります。
休業手当支給額は通常の賃金と合わせて、
源泉徴収及び労災・雇用保険(労働保険)、
厚生年金、健康保険の保険料を納入することになりますので、
通常の給与と同じように、労働者負担分を給与から天引きしておいてください。

③中小企業緊急雇用安定助成金にかかわる問題として、
経営計画を立てるうえで、次のことに注意することが求められると思います。

中安金の助成額ですが、これは、前年度の雇用保険料の算定の基礎とした
雇用保険加入労働者への支払い賃金額に基づいて、算出されます。
ですから、現在の対象期間(1年間)までは、現在の支給単価で計算されますが、
次年度は、支払い額(通常の賃金プラス休業手当)が大きく減少しますので、
助成金の単価が今年度を大きく下回る可能性が大です。

ですから、次年度の中小企業緊急雇用安定助成金(中安金)の申請までには、
休業をしなくてもいいように経営を立て直すよう手を打っていく必要があると思います。


中小企業緊急雇用安定助成金等「助成金」をもらうには、雇用保険加入が絶対要件
                ↑
               クリック



小さな企業さんの経営をサポートし、御社の成長・発展のパートナーとなる

「どんな助成金が受給できるか」お問い合わせ、診断 → 無料です。
労災保険加入手続き、特別加入、雇用保険・社会保険加入手続きのお問い合わせ・ご相談は

ていねい・親切、信頼・安心の

永江社労士オフィス 社会保険労務士 永江正道 へどうぞ
     ↑
ホームページは、ここをクリックしてください。


ランキングに参加しています。
クリックしていただけると読者が増えるそうです。
応援のクリックを願いします。
   ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/93-0de11670

 | ホーム |