FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
149位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



経営者セミナー 「顧客の創造」(P.F.ドラッカー)と会社風土づくり

経営者セミナー 「顧客の創造」(P.F.ドラッカー)と会社風土づくり



中小企業の社長さんの勉強会に参加してきました。

テーマは「企業の付加価値づくりと人材育成」。
報告をされた社長さんは、自称「二流経営者」。
31歳で代表取締役に就任された方でした。

会社の概要は、
資本金 1000万円の株式会社。
従業員は役員含めて60名弱。役員除く平均年齢は47歳。

事業内容は、産業用包装資材の仕入れ、販売。

売り上げの推移は
10年前に大赤字を出してしまったが、コストダウンで4年間でV字回復。
固定費の削減で乗り切ったが、これは「二流の経営戦略」だったと、
この社長は、報告してみえました。

その後の決算(売上)は、
4年前 6億8千万円
3年前 7億3千万円
前期  6億円
今期の見込み 6億ちょっと。

お話しのポイントは、「企業経営の要諦は、顧客の創造」というものでした。
「顧客の創造」というタームは、P.F.ドラッカーの「現代の経営」という本で、
経営で、一番大事なポイントは「顧客の創造」と言われていると、紹介されました。

そして、この社長さんは、中小企業家同友会で、
「経営指針づくり」、「経営者の責任(労使関係)」、「社員教育」、
「就業規則・賃金制度・目標管理」、ISOの重要性について学んだが、
同友会は、ドラッカーのいう「顧客の創造」ということに、関心が薄い、
しかし、企業経営にとってもっとも重要なことは、「顧客の創造」ではないか、
と問題提起をされました。

報告された社長さんは、「私は、『顧客の創造』の大事さに、気づくのが遅かった」、
そういう点で、「自分は二流経営者」と、語られました。

社長さんのお話しで、私が、共感を覚えたことが三つあります。

①今後の対策として、
「お客様を増やす」ために大事なことは、次のことだ、と話されたこと。
―改善の実力と思いやりの実力を養うこと、
思いやりの実力とは、良い人間関係をつくる実力―と語られたこと。

②いま、従業員に、「何のために働くか」を考えるように、話している。
そのために、従業員に、仕事以外に目標を持つよう話している。
これが、自発性=考える従業員を育てる。
そして、「本」を読む企業風土と育てている。
従業員の誕生日には、従業員の関心ごとを聞いて、
選んだ「本」をプレゼントするようにしている。
という、話を締めくくりに、されました。

私(永江)は、企業風土ということを思いました。
現代社会において、企業(会社)は、社会のキーともいえる「コミュニティー」です。

この会社という社会で、自立した人間=考える人間が育つなら、
社会は、必ず一歩一歩進歩するでしょう。
企業と言う現代社会において、もっとも従属・服従関係を強いられる組織において
自立した人間が育つ(育てる)ことの意義は、
社会進歩にとって、きわめて大きいと思います。

③報告された社長さんの謙虚さ・率直さに感心しました。
自分の社長としての最初のつまづきは、先代社長が亡くなり、
自分が社長になったとき、ある部門の従業員が全員、出てこなくなった。
原因は、若い社長が「偉そうにいばった態度」をしていたことが気にくわなかったからです。
社長は言われました。
「私は、出てこなくなった従業員も含め、従業員全員に集まってもらった集会で、
偉そうに威張った態度をとったことを謝罪しました」。
「若かった私は、腹では、このデクの坊たちに、頭を下げることに、大きな抵抗がありましたが」

「こういう失敗をはじめ、私の経営は失敗の連続でした。
しかし、その失敗から学んで、同友会での学びを通して、私は成長してきました」。

「同友会に入会していなかったら、会社はつぶれていたかもしれません」。

中小企業の経営者は、どうあらねばならないか、
どういう経営者が、この厳しい経営環境をのりこえることができるか、

それは、従業員が信頼できる、経営者(社長)の人間力であり、
中小企業の経営者は、意識的に人間的に成長する努力をつづけなければならない。
このことを、学ぶことができた勉強会でした。


ランキングに参加しています。
クリックしていただけると読者が増えるそうです。
応援のクリックを願いします。
   ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/84-6b624a0b

 | ホーム |