FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
557位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
150位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Charles Dickens(ディッケンズ) Who was? を読む

Charles Dickens(ディッケンズ) Who was? を読む


多治見図書館には借りることができる Charles Dickens(チャールズ・ディッケンズ)の英語の本が23冊ある。タイトルは、次の 12。 
“The Old Curiosity Shop”(骨董屋 1840-1841年)
“Little Dorrit”(リトル・ドリット 1855-1857年)
“A Christmas Carol”(クリスマス・キャロル 1843年)
“Great Expectations”(大いなる遺産 1860-1861年)
“The Pickwick Papers”(ピクウィック・クラブ 1836-1837年)
“A Tale of Two Cities”(二都物語 1859年)
“Oliver Twist”(オリバー・ツイスト 1837-1839年)
“David Copperfield”(デイヴィッド・コパーフィールド 1849-1850年)
“Tales of the Supernatural”(不思議な物語)
“The Signalman and The Ghost at the Trial”(信号手)
“Our Mutual Friend”(互いの友 1864-1865年)
“Bleak House”(荒涼館 1852-1853年)

わずかに見落としたものも近いうちに読むつもりでいる。全タイトルを読んだ。

Charles Dickens Who was WHW (611x680)

Charles Dickens Who was 2 WHW (760x523)

“Who was?”(By Pam Pollack and Meg Belviso) を読んで印象に残ったのは次の2点。
1、 ディッケンズの小説 Christmas Carol(クリスマス・キャロル)が社会に与えた影響の大きさ。
Even phrase “Merry Christmas” was made popular by the book.
A few months after its publication, there was a surge of money given to charities in Britain.
In America, a factory owner was so moved by the story that he gave all his workers Christmas Day off and gave each one of them a turkey.
「メリー・クリスマス」という挨拶も、この本が社会に広めた。
イギリスでは、この本が出版されてわずか2、3カ月で慈善事業への寄付金が急増した。
アメリカでは、会社経営者が、この物語に心を動かされ、労働者にクリスマス休暇を与えるようになった。また、従業員に七面鳥を与えるようになった。
(その理由は、この本を読めばわかります)

A Christmas Carol-Helbling (381x420)

2、ディッケンズが自ら自分の小説の中で一番好きなものは、 David Copperfield(デイヴィッド・コパーフィールド)と言っていること。

They talked about which parts were dull and which books were their favorites-they both loved David Copperfield best.
Dickens talked with Kate Wiggin, then twelve year old girl, on a train, when he traveled to in America.
アメリカを汽車で旅行していたアメリカでも大人気の作家ディッケンズに、当時まだ12歳の少女が話しかけてきます。
「あなたの書いた小説は全部読みました。少しだけ退屈な部分はとばしましたけど」などと話しかけ、どの小説が一番気に入っているかという話になり、ディッケンズとその少女はそれは、「デイヴィッド・コパーフィールド」と意見が一致しました。
この少女の名ケイト・ウィギン。成人して小説家となり、「少女レベッカ」などを書きました。

David Copperfield OBW (411x420)

永江社労士オフィスへようこそ


「労働相談室」を開設しています。
「障害年金申請」の相談や手続きの代行をいたします。
就業規則はじめ会社諸規定の作成・改定のご相談・ご依頼承ります。
介護事業所さま、病院・クリニックの雇用管理(人事評価・賃金制度作成・改定等)コンサルティング承ります。

電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
お気軽にご相談ください。

ブログランキングに参加しています。
この記事が役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


社会保険労務士 ブログランキングへ


にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/308-834ae0f0

 | ホーム |