FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
557位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
150位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



英語多読200万語到達

英語多読200万語到達



TTT(多治見多読を楽しむ会)でした。
7月18日~今日までの6週間で、25冊、19万wordを読みました。
その内、リスニング練習用の語数数十語から数百語の絵本が9冊あります。

主なタイトルは、Dracula, Frankenstein, George Washinton, Nelson Mandela,
Oliver Twist, Frankenstein's Dog, Anna Karenina,
今読んでいるのが Washington Square です。

この間、達成感がありました。
Oliver Twist。これはYLレベル5.5です。YL5.5は初めての挑戦でした。
この本は Dikens を読んだ昨年の11月に読み始めましたが、難しく途中でで断念、後で読もうとっておいたものです。
その当時は読了Word数130万語くらいの時で、その後200万語を超えて読んだら読めました。
100万語読破でワンステップ、200万で、もうワンステップというのが実感です。

Oliver Twist OBW (608x720)

達成感の二つ目は、Frankenstein Dog です。
これは、GooseBumps GBシリーズの1冊です。怪物ものシリーズです。、
YLは4.0ですが単語が難しくて1ページに分からない単語やイディオムが5つくらい出てきて、
最初の数ページでやめようと思いましたが、先を知りたいと読んでいたら2万4千wordを読み切れました。
感触としては、学習書というより、ネイティブの児童向けフィクションという感じで、
児童向けの本なら原書を読めそうだという意欲が出てきました。
内容は、Furankensteinという名の科学者が造った自律的に物事を判断するArtificial intelligence(人口知能)を持った
ロボット(人間が操作しなくても動く)と勇敢な女の子との闘いがテーマです。

Frankensteins Dog GB (609x620)

永江社労士オフィスへようこそ


「労働相談室」を開設しています。
「障害年金申請」の相談や手続きの代行をいたします。
就業規則はじめ会社諸規定の作成・改定のご相談・ご依頼承ります。
介護事業所さま、病院・クリニックの雇用管理(人事評価・賃金制度作成・改定等)コンサルティング承ります。

電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
お気軽にご相談ください。

ブログランキングに参加しています。
この記事が役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


社会保険労務士 ブログランキングへ


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/305-88d1ad47

 | ホーム |