FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



書籍 超ホワイト企業の源流「未来工業・山田昭男の素顔」が届く

書籍 超ホワイト企業の源流「未来工業・山田昭男の素顔」が届く



 今日、岐阜県社会保険労務士会の「労働判例研究会」報告を担当して、家に着いたら、超ホワイト企業の源流「未来工業・山田昭男の素顔」が宅急便で届けられていた。私はうれしくてうれしくて、この記事を書いている。
 というのは、私は、この本が出版されたことを岐阜県中小企業家同友会の仲間であるFさんのFacebookの投稿で知り、さっそく購入して読もうと思っていたのだ。その私の思いを見透かしたかのように、まだ注文していない著書が届いていたのだから私はびっくりすると同時にうれしくてしかたなかった。
 送ってくれた方は、この本の刊行会代表のMさんだった。Mさんとは中小企業家同友会の会合で2度お会いしたことがあるが、それほど親しい方ではなかった。私はすぐに本を贈呈していただいたお礼をメールで送った。そのメールの内容は以下のようである。

 私は、山田昭男さんの著作はすべて読んいます。山田さんの経営哲学に心底惚れています。この日本で、山田経営哲学に基づく経営を実践する企業が広がることを願い、そのために私にできることはしたいと考えています。
 私がM様に同友会の会合で初めてお会いした時、M様はロバート・オーエンの実験について話されました。山田さんの経営は、このロバート・オーエンの実験を、この日本で実践したものだと私は感じています。
 ブラックな経営=ブラック企業が我が物顔で幅を利かせているとき、一人でも多くの企業家が、山田昭男さんの経営を手本に人間尊重の経営の本質を学び、その経営哲学に基づいた経営を日本、世界に広げる運動に同じ志を持つ方々とともに参加したいと私は思っています。山田昭男さんが実践してこられた経営はまさにブッラク企業の対極をなす超ホワイト企業です。
 まずは、御礼まで。ほんとうにありがとうございました。

IMG_7199 (400x329)


「労働相談室」へお気軽にどうぞ
電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
        ↓
働く人の幸せ願う特定社労士永江の「労働相談室」


最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


労働問題 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/232-af6ceb16

 | ホーム |