FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



年金相談――「宙に浮いた年金」の記録回復 etc

年金相談――「宙に浮いた年金」の記録回復 etc



年金事務所で年金相談員としてはじめて、相談に応じました。
複雑極まる「日本の年金」について、多岐にわたる相談がありました。

相談内容は、さまざま。

①会社を解雇されたが、不当だったので、
裁判でたたかって、和解した。
解雇は撤回され、合意退職となった。
しかし、合意された離職日より、1か月ほど早く厚生年金の喪失届が出され、
この喪失月(離職日より1カ月ほど早い)分の給料から、厚生年金保険料など社会保険料が
控除されているのに、この月は被保険者期間になっていない。
被保険者期間になっていないのなら、
控除された分の社会保険料は、返してもらいたい。

年金事務所の職員の方に聞くと、「会社に話して返してもらってください」とのこと。
そのように伝え、「返してもらえるのですね」と念を押して帰られました。

私は、合意された退職日を離職日、社会保険の喪失日とするのが当然ではないか
と思いましたが………、相談員の立場では、どうすることもできません。

②「年金特別便が届いたが、若いころ入っていた厚生年金の記録がない」

調べると、記録はコンピュウターに記録されており、無事、統合されました。

(基礎年金番号に統合されてなかったのです。こういう例は、多くあるようです。
典型的な「宙に浮いた年金」です。国民皆保険制度(基礎年金制度)が導入された
昭和61年4月前の記録は要注意のようです。)

③前に厚生年金に入っており、勤めをやめて、ご主人の被扶養者になられた方。
いわゆるサラリーマンの主婦の方は、ご自身では保険料を払ってみえませんが
3号被保険者として国民年金に加入しています。

「年金定期便」が届いたが、この方の、
昭和50年代から平成初期にかけてのご主人がある会社のサラリーマンで
自分が主婦だった「3号被保険者期間」が、スッポリ、抜けてしまっている。
第3号被保険者として認定してほしい――というご相談。

第3号被保険者の制度ができたのは、昭和61年4月です。
それ以前は、サラリーマンの妻は任意加入でしたので、任意加入して保険料を納めていないときは、「カラ期間」(年金の受給資格期間にはカウントされるが、年金額には反映されない期間)となります。

3号期間の認定は、ご主人の会社の証明があれば、認定できるのですが、
この会社の書類が、東日本大震災の被害で、みつからない。

この場合(会社の証明がとれない場合)、
(確かにご夫婦だたっという)当時のことを知る
第3者の証明と公的な証明(戸籍謄本と住民票)がとれれば、
3号被保険者として、記録が認定・追加される、ことがわかりました。

④特別支給の老齢年金の裁定手続きもしました。

以上、今日の年金相談あれこれ(第1回)でした。(続きます)

「通りすがり」の方から、
「サラリーマンの主婦が3号被保険者となるのは、
昭和61年4月以後ではないか。それ以前は、
いわゆる「カラ期間」でしょ」という
ご指摘をいただきましたので、記事を修正いたしました。

コメントをくださった通りすがりの方へ。

あなたが、指摘されているとおり、
サラリーマンの妻を国民年金の被保険者(3号被保険者)としたのは、
基礎年金制度がつくられた昭和61年4月からです。

その前は、任意加入でしたので、保険料を納めなければ、
どの年金にも加入していない人でした。

私が「昭和50年代から……」と書いたのは、その方が勤めをやめて
専業主婦になられたのが50年代からという経過を述べたものです。
ですから、この方の場合、昭和61年3月までは、
被保険者期間(年金額に反映される期間)ではなく、
合算対象期間(いわゆる「カラ期間」です。――被保険者期間だけでは、
受給資格(25年の被保険者期間)を満たせない人が、
年金額には反映されないが、受給資格を得るために加えることができる期間。

この方の場合、サラリーマンの主婦であった期間のうち、
昭和61年4月以後の期間が「3号被保険者」として認定されます。

ご指摘、ありがとうございました。

つづき(第2回)次をクリック → 「年金相談(第2回)―私の年金額はいくらになるetc


最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

>昭和50年代から平成初期にかけてのご主人がある会社のサラリーマンで自分が主婦だった「3号被保険者期間」が

第3号被保険者期間は、昭和61年4月以降では・・
昭和50年代から61年3月まではいわゆる「カラ期間」ですよね。
2011-04-21 23:22 通りすがりの者です #tED2o0AY URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/132-88b02177

 | ホーム |