FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



年金相談実務者研修――年金マスターをめざして

年金相談実務者研修――年金マスターをめざして



今日は、社会保険労務士会が「年金相談」に携わる社労士を育成することを目的とした
年金相談実務者研修に参加してきた。

まず、インターネットでの数十時間の視聴学習を終えたのち、
今日の研修では、WM(ウインドウマシン)を使って、
「私の年金額はいくらになりますか」などの質問に答えられるよう訓練するものだった。

この研修は、今年が2年目ということもあって、ベテランから新人まで、
また、老若男女、多士済々な階層のひとが集まった。

年金の加入期間や標準報酬月額などの履歴から、パソコンを操作して、
60歳から受給できる厚生年金報酬比例部分の年金額や、65歳から受給できる
基礎年金と厚生年金を合わせた年金額、繰り上げて受給した時の年金額などを確認し、
相談者に答える練習を行なった。

年金は、社会保険労務士の資格試験でも
70点満点中20点が配分される最重要科目の一つである。
日本の年金の仕組みは、受給権の要件も、受給額決定の仕組みも、
複雑極まりないもので、私もそうだが社労士資格を持っているものでも、
マスターしている人はきわめて少ないと思われる。

その仕組みが十分にわからないものが、パソコンを操作して、年金の受給額などを
割り出すのだが、このパソコンに入っているデータが年金にかかわるあらゆるデータで
各個人のデータだけでもきわめて膨大な量である。
さらに、項目が記号と数字を使って示されているため、画面に表示されるデータの意味を
解読するにも、一定の知識と経験が必要とされる。

前回と合わせて14時間、この機器の操作の訓練をしたが、
相談者の相談内容に応じて自在に操作するまでになるには、
この何倍、十数倍の実施訓練が必要だと思われる。

それでも、実際に機器(デモであるが)を操作できたのは、貴重な経験だった。

1週間後の次回は、また年金相談実務者としての能力を考査するテストだ。
テストは、もううんざりだが、なるべくリラックスして臨もうと、
自分に言い聞かせている。

後編は、次をクリック → 年金相談実務者研修を修了

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/124-eede4f78

 | ホーム |