FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



特定社会保険労務士試験に合格、お世話になった方に心から感謝いたします

特定社会保険労務士の試験になんとか合格できました。
いろんな多くの方にお世話になりました。
また、いっしょに勉強した仲間から、多くを学び励まされました。
これらの方のご指導と激励にこころから感謝申し上げます。



試験直後から、自己採点では、合格4分、落ち6分だったので、
「合格発表」をこわくて、見ることができませんでした。
社会保険労務士の試験も、運良く合格できたので、その苦労に比べれば、
「特定社労士の試験勉強のもう1年くらい、どうってことない」と
自分に言い聞かせ、おそるおそる見てみると、「ありました」私の受験番号が。

今回の合格点は54点、合格率も54.△%。
これまでに比べ、合格基準点が低いものでした。
合格率は、半分弱の人が「落」という、きびしいものでした。

私の自己採点では、第1問小問(2)は、問題文を読み間違い、
私は20点の配点で4~5点と自己採点、
小問(3)も、「専門学校未修了は学歴詐称に当たらない」と、
あとで考えるとどうかな、といような解答をしたのです。
小問(4)は、まずまず合格点の解答だったと思いますが、
小問(5)は、Xの代理人にふさわしくなく、
代理人として、依頼人の利益を守るため全力を尽くすけれども
法的には弁護のしようがない事案なので
依頼人に「正直に生きましょう」と諭す、
などと型破りな解答をしてしまい、悔みに悔んでいたのです。

第2問は、丁寧に書いて、勘違いさえなければ、高得点もと思いました。

しかし、初めに解答した第2問に、
予定の1.5倍もの時間をかけてしまい、
第1問の問題文を読み始めると、これがまた長い長い……。

あせりにあせって、前述の第1問小問(2)の問題文を読み間違い、
小問(5)は、よく考えもせず、
思いつくままに解答を書いてしまったのでした。

これで、よく合格できたなと、
社会保険労務士試験といい、今回といい、
自分で、私は、なんて運のいい男なんだろう、と
ホットしています。

もう、試験はコリゴリです。

お世話になった方々に感謝しつつ、
明日から、新たな仕事に挑戦します。


最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/121-81eefe46

 | ホーム |