FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ウーマノミックス(Womenomics)―後編

ウーマノミックス(Womenomics)と女性が活躍できる企業づくり―後編


前編はクリック → ウーマノミックス(1)

まず、ポジティブ・アクションとは、どういう取り組みをすることなのかですが、
「女性の力を活かして企業力を高めるために」というテーマでのセミナーで
講師の方は、次の5つをあげられました。

①女性の採用拡大
②女性の職域拡大
③女性管理職の増加
④女性の勤続年数の伸長(職業生活と家庭生活の両立)
⑤職場環境・風土の改善(男女役割分担意識の解消)

本来、労働条件を性によって差別することは違法なのですが、
女性が活躍する場が、現状では男性に比べて少ないため、
この格差を是正するために、採用や管理職への登用などにおいて、
女性を有利にする施策・政策を合法とし、
そうした取り組みを企業などが行うことをポジティブ・アクションといいます。

そこで、企業へのアンケート調査(みずほ情報総研㈱平成22年6月)によれば、

女性の能力発揮のための取組(ポジティブ・アクション)に取り組んだ効果のベスト3は
一位 女性の責任感が向上した     34.1%
二位 女性のチャレンジ意欲が向上した 27.4%
三位 職場の雰囲気がよくなった    27.1%
となっています。

そして、女性活躍推進と企業業績との関係で
過去5年間の管理職女性比率を増やした企業が、
5年前と比べて経常利益を増やしているかを聞いたところ
女性管理職を大幅に増やした企業ほど経常利益も増やしているという結果がでました。

過去5年間に
女性管理職を
5年前と比較して
直近の経常利益が
増えた
5年前と比較して
直近の経常利益が
減った
大幅に増やした51.1%37.8%
やや増やした28.8%57.7%
変わらない22.1%64.1%
やや減った25.8%71.2%
大幅に減った14.2%71.4%
合  計24.5%63.0%

次に、ポジティブ・アクション先進企業の実践報告です。

この企業は、ポジティブ・アクションに積極的に取り組んだ結果
育児休業取得者が、2008年の数人から2010年には60数人の10倍になっています。

まず、取り組みのねらいについて話されました。

人事ビジョンは、
多様な人材がそれぞれの能力を発揮して、いきいきと働く企業づくりをめざす。
人事マネジメント方針は、人を大切にする。
そのために、フェアネスを貫く、多様性を認め合う、人を育てる、の3つを堅持する。

ポジティブ・アクションに取り組む理由については、
①全社員の45%を占める女性社員の戦力化と長期安定的なリーダー確保
(女性が能力を発揮できないことは人材の無駄遣い)
②少子高齢化の進行に伴う労働力人口の確保(一人ひとりの能力発揮が求められる)
③市場理解(市場は多様な人で構成されているので、
市場理解のためには多様な人材で構成されることが必要、
特に女性の感覚をマーケティングに活かすことは有用)
④価値観・ライフスタイルの多様化
(女性のキャリアアップ意識と豊かな生活への欲求の高まり)

すなわち、我が企業において、女性の活躍の場を広げることは、
人権・福祉・慈善(の取り組み)ではなく、
我が企業が成長するための経営戦略の一つ、というお話しでした。

具体的取り組みとしては、

キャリア形成支援として、
2004年に ルートチェンジ制度を導入(契約社員から正社員への転換制度、その逆もあり)
同年 再雇用制度導入(一度、退職した人を登録しておき、働ける条件ができたら再雇用する制度)

両立支援として
2004年 短時間勤務制度導入
2005年 育児休業期間延長(1年⇒2年)
    介護休暇期間延長(93日⇒365日)
2006年 妻出産時の特別休暇3日を有給化
2010年 職場復帰支援プログラム導入
(産休・育休中の社外通信教育100%補助と面談体制整備)

職場風土改革
2006年 リフレッシュ休暇制度導入(4連休を年2回取得できる制度)
2007年 E.ワーク活動開始
 Eとは、Enrichment(充実)、Enough(充分な)、Efficient(効率的な)の3つ。
 残業を削減することをめざした取り組み
2008年 ハラスメント研修開催(セクハラだけなく、パワハラも)
    アニバーサリー休暇制度導入(年2日)
2010年 リフレッシュ休暇制度拡充(5連休を年2回取得に)

紹介した取り組みは、ほんの一部のことです。

私は、これからの企業(社会も同じですが)は、
女性の能力や感性を活かせるマネジメントができなければ
その発展・未来はない、と思います。

ほんとうに、大切なことをいっぱい学ぶことのできたセミナーでした。
セミナーの講師の方、特に実践報告をされた方に、こころからお礼申し上げます。


ランキングに参加しています。
クリックしていただけると読者が増えるそうです。
応援のクリックを願いします。
   ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/118-fc42b0f8

 | ホーム |