FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ウーマノミックス(Womenomics) (1)

ウーマノミックス(Womenomics)



先日、「女性の力を活かして企業力を高めるために」
というテーマの研修会に参加してきた。

これは、平成22年度の厚生労働省委託・ポジティブ・アクション展開事業で
内容は、「ポジティブ・アクション実践研修」と
「セクシュアルハラスメント防止対策研修」であった。

参加者は20人くらいで、男性は私を含め3人だけだった。
私以外は、女性経営者と総務人事担当(このうち2人は男性)だった。

この研修の案内を私は、社会保険労務士会からいただいた。
何人かの女性社労士さんが参加されていると予想していたが、
女性社労士さんの参加はゼロだった。

私は、これからの企業の経営に女性の力は不可欠だと思い、
「女性の力を活かす経営」のポイントを学びたいとの考えから参加した。
しかし、女性の力を活かす経営をサポートするのに適任は、やはり
女性(社労士)だと思っていたのに、
女性社労士さんの参加がゼロだったのは意外だった。

この研修での講義の中で、NHKが特集した
ウーマノミックスが少し紹介された。

ウーマノミックスとは、Women(女性)と
Economics(経済)を足した造成語である。
女性の力を活かして経済を活性化しようという企図をもった造成語である。

日本では、女性の社会(中心は企業)進出が国際的にみても大きく遅れている。
人間開発に関する指標の国際比較をみるとよくわかる。
HDI(人間開発指数)では、日本は、世界182カ国中10位で、
アメリカ(13位)、デンマーク(16位)より上位にある。
他方、GEM(女性の活躍度指数)をみると、日本は、109か国中なんと57位である。
1位はスエーデンだが、ドイツ(9位)、トリニダード・トバコ(14位)、アメリカ(18位)
などど続くが、意外な国では、イスラエル(23位)、ウガンダ(49位)が日本より上位である。

政府は、民間企業におけるの女性の管理職(部長・課長・係長)の割合を、
2020年までに3割にすることを目標としている(2009年現在は8%)が、
これが達成されれば、国際的にも一気に「女性の活躍度の高い国」の仲間入りをすることになるだろう。
私は、今の政府の姿勢・施策では、この目標達成はできそうもないと思っているが。

この研修会では、ポジティブ・アクション(男女差別を是正するための方策をいう)
先進企業の事例報告があった。

以下、この先進企業の報告の概要と
「女性の活躍の場を広げる」ことの効能、経済効果について述べる予定ですが、
次回にまわします。

後編は → ウーマノミックスと女性が活躍できる企業づくり

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/117-faa1f3e3

 | ホーム |