FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



年金額決定(改定)のマクロ経済スライドという仕組み

年金額決定(改定)のマクロ経済スライドという仕組み



ようやく、年金額改定の仕組み最終回です。
最終回は「マクロ経済スライド」という年金額決定(改定)の仕組みの一つです。

年金額の決定(改定)の仕方は、普通、収入額を基準にするやり方=賃金スライドと
生活に必要なお金=物価スライドがあります。

ところが、日本の年金額の決定の方式に、2004年の年金法改定で、
「マクロ経済スライド」というやり方が導入されました。

この方式は、実にややこしいのです。きわめて複雑な仕組みとなっています。
なぜ、こんなに複雑にしたのか。

それは、年金の支給額を減らす、国民の保険料負担は増やすのだけれど、
あまりにも急激に、これをやると、国民が怒るからです。
そこで、ソフトランディングの仕組み=長い年月をかけて、徐々に、この目標を達成することによって
少しでも、国民の不満をかわそうとする仕組みをつくったわけです。

マクロ経済スライド方式で、年金額を決定(改定)すると、年金額は急激に減ります。
かなり大幅な減額となる方式です。

仕組みの基本は、日本は少子高齢化社会である。
このままだと年金のための支出は、どんどん増える。

そこで、支給額は減らし、国民の保険料負担は増やして、
年金財政のバランスをとっていこうということです。
(ここには、社会保障にあまり税金を使いたくないという政治があります)

年金額決定の仕組みの基本は、年金額を減らすために、これまで支給してきた年金額に
調整率というものを乗じることです。

調整率というのは、公的年金の被保険者(加入者)数の増加率に(これは、確実にマイナスになります)
平均寿命の伸び(寿命が伸びれば、年金額を減らす)係数をかけた率です。
厚生労働省によれば、この率は99.1%です。
すなわち、平均0.9%年金額を減らそうというわけです。

これを長い年月をかけてやる仕組みは概略、次のようです。

①物価や賃金が一定程度上昇した場合には、年金額の引上げ幅を0.9%縮小します。
物価や賃金が1.5%上昇しても、年金額は0.6%しか増やしません。

②物価や賃金が、少しだけ上がって、上記の仕組みを適用すると、年金額が減額になる場合は、
年金額を据え置くとしています。

③そして、物価や賃金が下落したときは、その下落幅に合わせて、年金を減らすのです。

④しかし、当面は、この法律の原則的な規定の適用は延期しています。
別の減額の仕方をしています。
当面は、前に述べた1999年から2001年までの物価下落分1.7%が年金額に反映していない(減らしていない)、すなわち、物価水準に比べて、年金額が相対的に高くなっているので、まずはこの1.7%分を減額するというのです。

イ そのやり方は、物価が上昇しても、1.7%分が解消するまでは、年金額の引上げはしないということです。

ロ そして、年金額の改定の基準となる年を前回減額した2005年(基準年)とし、
この年の水準を下回った場合には、2005年の物価水準を下回った分だけ減額する仕組みです。

さらに、このやり方でも、年金財政のバランスが崩れるときは=年金財源が足らなくなると見込まれるときは、
もっと、年金額を減らす仕組みを実行すると法律は決めています。

結局、年金などの社会保障をささえ、充実する税金の使い方をする政治にしない限り、年金額は減り続け、保険料は増え続けることになります。

ですから、やっぱり、2つのことが政治に問われているようです。
一つは、税金を、どのように使うかです。社会保障にどれだけ使うのかです。
も一つは、その税金を、どこからとるのか、消費税増税など、保険料や税金が納められないような人からも増税するのか、お金持ちや大企業から、その利益や資産に見合った相応の税金をもらう仕組みにするのかです。

前篇は、以下をごらんください。

年金額決定(改定)の仕組み 序 ← クリック
年金額決定(改定)の仕組み 1 ← クリック
年金額決定(改定)の仕組み 2 ← クリック
年金額決定(改定)の仕組み 3 ← クリック



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると読者が増えるそうです。
応援のクリックを願いします。
   ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/114-c001f5e4

 | ホーム |