FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



民商さんの助成金セミナーでお話ししました。(1)

 今日は、民商さんでの今年2回目の「助成金学習会」でお話をしてきました。



 最近、民主党政権がやっている「事業仕分け」で、
雇用保険2事業を雇用調整助成金を除いて、廃止し、
特別会計ではなく、一般施策とする、ことにされました。

 雇用保険2事業というのは、雇用保険料のうち、
事業主のみが負担している1000分の3.5、
年間2000億円を原資としている事業です。

 この事業は、雇用調整助成金(中小企業向けのものは、
中小企業緊急雇用安定助成金と言います)や中小企業定年引上げ奨励金
や非正規労働者を正規雇用した場合に受給できる助成金や
就職氷河期にある学校新卒者を雇用した場合に受給できる助成金など
雇用を増やし、労働者の労働条件や、職場環境を改善した企業を支援するために
助成金・奨励金を支給する事業です。

 なんで、この事業を廃止してしまうのですか、民主党さん、と私は、言いたい。

 廃止ではない、特別会計から一般会計の事業に移しただけだ、
と民主政権は言いわけするかもしれません。
 しかし、財源はどうするの、と私は、問います。
結局、民主党は消費税増税に財源を求めるのです。

 これでは、ほんとうに、福祉を必要としている人たちや
消費税を転嫁できない中小企業や個人事業主、自営業者の方に
重い負担を負わせるだけではないですか、と私は思っています。

 こうした、最近の雇用保険2事業の動向をふくめて、助成金について
どんな事業主の方が受給できるのか、申請手続きや、受給できる金額など、
についてお話しました。

 1回目にお話ししたときより、ちょっとグレードアップした話ができたと
自分では評価しています。

 私の知らなかったことを教えていただいたことも1つありました。
その辺は、次回にまわしたいと思います。

この記事の後半は下をクリックしてください。
        ↓
中小企業緊急雇用安定助成金は、雇用保険に加入すれば、すぐにでも受給できますか

ランキングに参加しています。
クリックしていただけると読者が増えるそうです。
応援のクリックを願いします。
   ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nagaesr.blog106.fc2.com/tb.php/102-f31edef5

 | ホーム |