FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
86位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



世界の名作を英語で楽しめる「英語多読」

世界の名作を英語で楽しめる「英語多読」



昨年の5月から70の手習いで「英語多読」を始めた。はまってしまった。
3原則がある。①辞書は引かない、②分からないところは飛ばす、③面白くなかったら別の本に変える。実は、私は①は守っていない。
先生は、通常1分間に100語読めるという。私は、30語~50語が限度。100語読むというのは、英語を日本語を介さずに読むスピードだと思う。私はまだ、日本語に訳しているのだ。
まず、0語~30語くらいの絵本から始める。順次文字数を増やし、難しい構文も入ってくる。私も絵本(ORT=オックスフォード・リーディング・ツリー)から入って、今、1万5千語のペーパーバックが何とか読めるようになった。
第1段階の目標は100万語を読むこと。ここまでくれば英語を日本語を介さずに読めるようになる。現在、私の読了語数は70万語弱。
現在の段階でも、単語は中学で習う程度の難易度のモノが99%、1万語の本の中に、ほんとうは辞書を引いてはいけないのだが、引いてしまう私でも、10語~多くて50語。だから、これは英語の勉強ではない。ストーリーを楽しんでいるうちに英語が身に付くという優れた英語習得法だと思う。
これまでに読んだ主なタイトルは、「クリスマスキャロル」「二都物語」(以上2作はディッケンズ作)、「ジェインエアー」(シャーロット。ブロンテ作)「ハムレット」(シェイクスピア作)、「ガリバー旅行記」(スイフト作)、「ハックルベリーフィンの冒険」「トムソーヤの冒険」(以上2作はマークトゥエイン)、「不思議の国のアリス(ルイス・キャロル作)」、「宝島」「ジキル博士とハイド氏」(以上2作はルイススティーブンソン作)、「最後の一葉などオー・ヘンリーの短編」、「オペラ座の怪人」、「ピノキオ」、「アラジンの魔法のランプ」、「オズの魔法使い」、「ロビンフッド」、「小公女」。「短編集シャーロックホームズ」、「シンデレラ」、「スリーピングビューティー(眠れる森の美女)」、「ジャックと豆の木」、「赤ずきんちゃん」、「3匹の子豚」、「ヘンゼルとグレーテル」、「シンドバッド」など。
すべて原作を英語学習者向けに中学程度の英語でリトールド(書き直)したものだが、ストーリーは十分楽しめる。

Hamlet (394x420)

Alices Adventures in Wonderland (378x420)

永江社労士オフィスへようこそ


「労働相談室」を開設しています。
「障害年金申請」の相談や手続きの代行をいたします。
就業規則はじめ会社諸規定の作成・改定のご相談・ご依頼承ります。
介護事業所さま、病院・クリニックの雇用管理(人事評価・賃金制度作成・改定等)コンサルティング承ります。

電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
お気軽にご相談ください。

ブログランキングに参加しています。
この記事が役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


社会保険労務士 ブログランキングへ


にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |