プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
96位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民年金保険料後納制度が実施されます

国民年金保険料後納制度が実施されます。



岐阜県社会保険労務士会の年金相談員研修会に参加してきました。

7月21日(土)に開かれた研修会。
たいへん役に立つ研修会でした。

テーマは2つ。
一つは、この10月1日から施行となる年金確保支援法による「国民年金保険料後納制度」(以下「国年料後納制度」という)について
二つは、障がい年金について。

今日は、そのうち、「国年料後納制度」について書きます。
内容は講師のお話ではなく私の意見です。
障がい年金についても有用なお話しでした。
このテーマはまたの機会にします。

日本の社会保障制度を切り縮めようとする「税と社会保障の一体改革」。
そのなかで、いくつか、良い改定もあります。
その一つが、多くの問題はありますが「国年料後納制度」です。
もう一つは、年金の受給資格を25年から10年に短縮する改定(消費税10%への増税を財源に平成27年10月実施)です。

「国年料後納制度」は、これまで滞納した保険料を納めることができるのは、2年しか遡ることができませんでしたが、これを10年にしようというものです。
もちろん、これには裏もあるようです。保険料納入が2年しか遡れなかったのは、逆から言えば、国民の義務である公的年金に強制加入させられたのに、その保険料を納めない国民がどんどん増えています。年金制度がどんどん悪くなっているので、国民が日本の年金制度は、国民の暮らしを守るのではなく、今では、国民から税金を取り上げるものになってしまった、特に若い世代にはそうです、と思うようになったからです。
10年遡って保険料を納めることができれば、これまで受給資格がなかった人が保険料を納めることによって、年金の受給資格が取れるようになります。
同時に、保険料を遡って納める人が増えれば、下がり続けている保険料収納率を上げることもできます。

「国年料後納制度」は、政府にとって両面があるのですが、保険料の収納率をあげることは、保険である日本の年金制度を維持・存続させるためには不可欠でしょう。

「国年料後納制度」の政府のねらいはともかく、この制度のポイントを説明しましょう。

① これまでは、60歳、あるいは65歳になっても年金の受給資格が取れなかった人でも、最大2年間しか保険料を遡って納めることができず、そのために泣く泣く受給資格が得られなかった人が、最大10年間遡って保険料を納めることによって、年金が受給できることなります。
② この制度は、今年10月1日から実施されます。年金事務所等での相談は、8月1日からできます。ですから、今年の10月に後納制度を利用する人は平成14年10月分以降の保険料を納めることができます。保険料の納入期限は、10年間、10年間の分割ができるということです。
③ 任意加入制度と組み合わせて、受給資格を得ることもできます。
④ 平成14年4月以降に、未納期間(国年料を納めなかった人、その期間)、未加入期間(職場を退職して厚生年金などから国民年金への変更手続きをしなければならないのに、それをしなかった人のその期間)の保険料を最大10年遡って納めることができます。対象者には、7月31日から平成25年7月末まで1年間かけて、緊急を要する人から順次、案内が送られます。

最近、60歳、あるいは65歳になったけれど年金の受給資格がとれない、なんとか受給資格をとることはできないか、という相談が増えてきました。
こういう方には、まず「カラ期間」を調べます。昭和61年3月以前は配偶者が厚生年金に加入している場合は、ご本人は任意加入でした(年金に加入しなくてもよかった)。こうした期間や、外国籍の人、外国在住だった人などの20歳~60歳までの期間はカラ期間といって、年金額には反映されないが、受給資格期間としてはカウントされます。それでも、受給資格がない人は、60歳~70歳までの可能期間、任意加入すれば25年の受給資格期間をクリアできるかどうか調べ、クリアできる人は任意加入を案内します。
今回の「国年料後納制度」は、それでも受給資格期間を満たせない人が年金を受給きるようになります。この点は、ほんとうによい施策だと思います。

ただ、私が受けた相談のなかで、さらに、この点を改善してほしいと思うことがあります。
ぜひ実施してほしいのは、受給資格期間を25年から、世界の標準と言える10年に短縮することです。

もう一つが、受給資格の認定時点の特例制度です。
よく、保険料を納めて年金をもらうと得になるかどうか、との質問を受けます。
保険料は、約月1万4750円。10年分の保険料の総額は、177万円。年金額は、加入期間が1か月増えると月1600円程度増えます(今後の年金額減額を見込む)。10年分の保険料納入で増える年金額は、19万1300円。納めた保険料(10年分177万円)は、9年と3ヶ月ほどでトントンとなります。そうすると、簡単には、保険料を工面できないという問題がでてきます。
さらに、問題なのは、受給資格が得られるのは保険料を納め終わった時点だということです。3年間の分割で納めたとしても、とにかく納めきらないと受給資格が得られない。納めはじめたが納めきらないうちになくなってしまった。資金が工面できなくなってしまった。さらに、納めるには納めたが、納めた額の年金を受け取る前(トントンとなるのに10年近くかかる)亡くなってしまうことも考えられます。
こうしたリスクを知ったら、多くの人が二の足を踏むのではと心配されます。

そこで、受給資格は、保険料を納めれば得られる人は申請した時点で獲得でき、保険料も受給する年金の範囲で相殺納入する制度にすれば、リスクはなくなります。
政府は、国民からいかにお金をとるかを考えるのではなく(消費税はその最たるもの)、国民の暮らしを良くしていく(それが日本経済の成長につながります)ことを第一に考えるべきでしょう。経済とは経国済民=国を治め人民を救うことです。政治の目的は経国済民にあります。


障害年金など年金、労働のご相談に応じています。お気軽にどうぞ
電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
      ↓
「永江社労士オフィス」働く人も経営者も笑顔あふれる会社づくりを全力サポートします


最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
関連記事
スポンサーサイト

中小企業家同友会全国協議会第44回総会 in ぎふ

中小企業家同友会全国協議会第44回総会 in ぎふ



印象が薄れないうちに書き留めておきたい。
生涯に何回とはないだろうカルチャーショックをもらった。

同友会に入会して2年とちょっと。
全国レベルの行事に参加するのは、初めてだった。

これまで県レベル、地区レベル、支部レベルの催しには1~2か月に1回のペースで参加してきた。
ここでも、多くを学んだ。

今回の全国行事で私が学んだことは、「同友会」とはなんぞやということ。
それは、①よい経営者になる ②よい会社をつくる ③よい世の中をつくる の3つなのです。
同友会の会員なら誰もが知っていることです。

私は、総会に設けられた16の分科会のなかから「本気で社員とともに”めざす企業”への変革を~「企業変革支援プログラムステップ2」の活用で総合力発揮~」という分科会を選び参加しました。
報告・討論されたことは、よい企業をつくるために、①まず自分の企業の現状(立ち位置)を知ろうー変革プログラムステップ1 ②前記を活用して自社の経営指針をつくろう ③つくった「経営指針」の進捗・実践状況を点検し、より強靭な企業とするために、課題を見つけ、企業を変革していこう(課題を克服し、成長していこう)、ということです。

私が参加した分科会は上記の③を深めようという分科会でした。
この③をみごとに実践している㈱スカイフォームの代表取締役 川西裕之氏が3人の報告者の1人として報告されました。

兼業農家の子として生まれ、一度は会社に就職したものの、農業がやりたくて農業経営をはじめました。失敗を重ねているとき同友会を紹介され入会。例会には二次会(飲み会)が楽しくて参加していましたが、「経営指針をつくる」例会があり参加。それから、経営指針をつくり、自社の強み・弱点を毎年、点検し課題をみつけ、会社を変革してきたというストーリーでした。
前進のツールとなったのが、「変革プログラムステップ1」でした。いま「ステップ2」の活用をはじめています。

変革なくして、中小企業の発展はおろか存続もありません。どんな嵐にも耐えうる強靭な体質を持った企業づくりの出発点は経営指針づくり、成文化です。経営指針をつくったら、毎年その進捗・実践状況を点検しましょう。この点検ツールが「変革プログラムⅠ・Ⅱ」です。
分科会のねらいは、強靭な企業づくりを同友会支部(地区・県も)の運動にしていこうにありました。

岐阜県同友会はこの運動の組織化がほんとうに弱いと思います。「よい会社をつくる」は、同友会の目的の肝だと思われます。まずは「経営指針づくり」に正面から向き合うことが大事だと強く思いました。
そして、最終的には、この「経営指針づくり」と「自社の絶えざる変革」を”社員とともに”すすめる――こうして同友会理念の企業がつくられるのだ、この核心をより深く認識できたことは、大きな収穫でした。

社会保険労務士は、「人を生かす経営」をコンサルティングするのが業務です。同友会理念の企業づくりの第1歩である「経営指針づくり」のお手伝いを業務にすることができたら、こんなに幸せなことはありません。


2つ目。
同友会運動は、企業づくりにあるのですが、そこにとどまりません。よい地域づくりをリードする企業になるを、よい自社づくりと一体のものとして取り組む企業を拡げていくことも、同友会運動の大きな目標の一つです。
報告者の川西氏が、自分は「農業をやりたい」から出発し、「ペイできる会社づくり」をやってきた。いま努力していることは、自社だけが儲かるではなく、”住民が暮らしよい地域をつくる””安心して農業ができる仕組み(世の中・経営環境)をつくる”ことだと発言されました。
同友会ならではのこの理念を認識できたことが2つ目のカルチャーショック(収穫)でした。

3つ目は、同友会に参加している人たちは、みんないい人たちだということです。あらためて実感できました。
全国には、同友会を知り、学び、自社づくりをすすめ、同友会づくりをすすめて、すごい企業をつくりあげてきた、ほんとうにりっぱなすごい経営者がいっぱいいます。敬意を表します。
岐阜県にも未来工業(山田昭男さん創業)という世界に誇ることのできる企業があります。
でも、懸命に総会成功に取り組む岐阜県同友会の人たち、宿舎でのくつろいだ雑談にふれて、私があらためて実感したのは、同友会にはいい人たち(よい経営者とその卵)が集まっているんだということです。

私にも大きな収穫をくれた「in ぎふ」の中小企業家同友会全国協議会総会は、きっと岐阜県同友会前進のステップになるでしょう。またそうしなければなりません。私も一員として、できる限りの努力をしようと思っています。



最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 
関連記事

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。