プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
96位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業の経営と労働組合

中小企業の経営と労働組合
中小企業家同友会例会での討論(2)



討論のなかで、ある社長さんが「労働組合の力も借りて、従業員同士のコミュニケーションが円滑になるようにするのが今年の我社の課題」と、発言されました。
即座に、「労働組合って、悪いイメージしかないですね」との反応がありました。

私は、最近、「中小企業の未来を拓く――労働組合の課題と解決法――」(労働総研中小企業問題研究会 編著)という本を読みました。

この本の中で、トラック運輸産業の建交労全国トラック部会副部会長が次のように述べておられます。

建交労では、日本経済の中心的役割を担う中小企業の経営者に対し、共同を呼びかける「共存・共闘」を労働組合運動の方針にかかげている。
その基本は、1975年に中小企業家同友会全国協議会から発表された「中小企業における労使関係の見解」などを生かし、職場において正常な労使関係を確立することである。
とくに個別の労使関係の確立はもとより、さらに発展した集団的労使関係の確立を重点においている。

この本では、ほかにも、金属産業の労働組合(JMIU)、建設産業の労働組合(これも全交労)の幹部が執筆しています。

私なりにその考えをまとめてみます。
①企業の社会的責任を果たしてほしい。(従業員を路頭に迷わせない)
②従業員を人間として尊重してほしい(モノのように使い捨てにしないでほしい)
③中小企業の経営を改善するための政策課題で共同の運動をすすめよう。

この考えは、中小企業家同友会が目標としている
①よい会社をつくろう。②よい経営者になろう。 ③良い経営環境をつくろう。
に見事に対応していると思います。

これは、社員満足度の高い会社にする(従業員の待遇を改善し、この会社のためにがんばろうというモチベーションを持てる会社にする)ことです。
すなわち人間尊重の経営をする(経営者になる)ことを、我が従業員をコストとみるのではなく、会社を発展させる頼りになるパートナーとして、協働して経営することです。

そして、この従業員のまとめ役を労働組合にお願いする――そのためには、未来工業の山田昭男さんが、自分の経営哲学として強調してみえる「性善説」、従業員をパートナーとして信頼できるかどうかがカギになると私は思います。

経営者には、ここに踏み出す勇気が必要ですが、労働者・労働組合にも、私の持論である「中小企業では、労働者と経営は運命共同体」=自社および地域と産業の発展(もうけを増やす)なしには、待遇の改善は不可能という認識に立った労働組合運動にしていくことが求められていると思います。

先に引用した本のなかでも次のような見解が述べられています。

中小企業で労働組合運動をすすめていくなかでは、労働者の要求で交渉するとき、よく「そんな要求を飲んだら会社がつぶれる」「つぶれなくても競争に負けてじり貧の会社になってしまう」という問題にぶつかる。
労働者のなかでも「あくまで要求を通せ」という意見と「会社がつぶれては、元も子もない」という意見に分かれる。
ここで、中小企業の労働組合の力量が試される。

労働組合は、会社の経営実態を正確につかみ、会社が発展するよう経営者と協働し、会社が発展すれば(もうけが増えれば)適切な分け前を要求することが大切です。
経営者も、会社が儲かったときは、従業員の協力なしには会社の経営はなりたたないのですから、もうけを適切に従業員に配分することが大切です。
こうすることは、必ず、従業員のモチベーションを高め、さらなる会社の発展につながると私は思います。


中小企業家同友会例会での討論(1)は → イノベーションなしには生き残れない時代
関連記事 → 中小企業における労働組合のあり方と社会保険労務士の責務



「労働相談室」へお気軽にどうぞ
電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
        ↓
働く人の幸せ願う特定社労士永江の「労働相談室」


最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

イノベーションなしには生き残れない時代

今年は、何を(どこを)変えますか
中小企業家同友会の例会での討論(1)



1週間ほど前ですが、中小企業家同友会の地区例会に参加しました。
同友会の例会では、いつも報告者の話し(基調講演)のあと、5,6人のグループで討論をします。

自己紹介に始まり、今聞いた話の感想を出し合い、主催者が提起した討論テーマについて討論します。
今回の討論テーマは「今年、貴社は何を(どこを)変えようとしているか」でした。

経営は、つねに、時代の流れを読み、自己改革(イノベーション)していかなければ、生き残れません。
会社の寿命は30年と言われます。人の寿命の半分以下です。
かつて、高度成長の時代は、先代社長から受け継いだ事業を、ただ続けていれば、儲かりました。
しかし、現在では、昔のままの経営では10年ともたないでしょう。

「人事評価制度をはじめた」、「従業員同士の連携を強めたい」、「未払い残業代問題のリスクを解消する就業規則をつくりたい」などの課題が出されました。

この討論に参加していて、会社が経営改善のために考えている課題は、社労士の業務に関係していることばかりだ、と気付きました。
社労士として、こうした様々な課題をサポートできる実力をつける必要を痛感しました。

コンピテンシーを導入しているという人もいました。
私は、人事評価制度について、従業員に点数をつけて格付けする評価制度(成果主義)は、成功しませんでした。
社員同士を競わせるのではなく、会社の業績をあげるために協働しようという気持ちになるマネジメントが大事ではないか、という主旨の発言をしました。

もう一つ、たいへん、興味深いことが話題になりました。
それは、労働組合についてでした。

このテーマは、次回に書こうと思います。
   ↓
中小企業経営と労働組合(中小企業同友会例会での討論(2))

「労働相談室」へお気軽にどうぞ
電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
        ↓
働く人の幸せ願う特定社労士永江の「労働相談室」


最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。