プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
69位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



年金相談実務者研修を修了

年金のスペシャリスト=年金マスターをめざして(後編)
前篇は次をクリック → 年金のスペシャリスト=年金マスターをめざして 
年金相談実務者研修の修了証をいただきました。



今日は「年金相談実務者研修」の最終日でした。
これまで、数十時間のe‐learning を視聴し、
14時間のウインドウマシン(WM)講習を受け、
今日、7時間の集団研修と嫌な嫌な「能力考査=テスト」でした。

今日の集団研修の内容は、①全国社会保険労務士連合会の
「年金記録問題への対応と街角の年金相談センター構想」の解説、
②「日本年金機構における個人情報保護について」でした。

数年前に、ときの首相や有名人の年金記録が、
社会保険庁の職員によって閲覧され、問題になったことがありました。
そのときの経過をふまえて、年金データの取り扱いが厳格にされました。
上記②は、膨大な個人情報を閲覧できる立場となる「年金事務所」や
「街角年金センター」で年金相談を受ける社会保険労務士が
個人情報を厳格に保護する義務を負うことが、きびしく指摘されました。

そして、最後は、テスト。
これが、私の能力では手に負えないむつかしい問題でした。
おそらく、厳密に採点したら30点だと自己採点しています。
けれど、採点者の先生が、「きびしい採点はしません」と言ってくださったので
50点より少し低いできかなと思っています。

ほんとうに、日本の年金の仕組みは複雑怪奇です。
テストにも、マニアックな問題がいくつかありましたが、
私には具体的・詳細な点は、チンプンカンプンでした。

最後の最後に、今日受けたテストの「解答解説」がありました。
さすがに、年金実務20年のベテラン講師の先生の解説は明快でした。

まだまだ、学ぶべきことが山ほどあると痛感した今日1日でした。

「年金相談実務者研修」を修了して、
うれしい、うれしい「修了証」をいただきました。
お世話になったみなさんに今日も感謝・感謝です。


最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

写真―世界遺産 どこでしょう

世界遺産の写真――どこでしょう



今日は、お遊びです。

6つの写真をアップします。
このうち、5つは、世界遺産に指定されています。

それぞれ、どこでしょう。
当ててみてください。
ヘタクソですよね――私が撮りました。

IMG_3673ボン・デュ・ガールweb

IMG_3697リヨンweb

IMG_3543ゴッホの跳ね橋web

IMG_3816シュノンソー城web

IMG_3980モンサンミッショルweb

IMG_4184ベルサイユ宮殿鏡の間web


最後まで見ていただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事、応援してやろうと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
関連記事

年金相談実務者研修――年金マスターをめざして

年金相談実務者研修――年金マスターをめざして



今日は、社会保険労務士会が「年金相談」に携わる社労士を育成することを目的とした
年金相談実務者研修に参加してきた。

まず、インターネットでの数十時間の視聴学習を終えたのち、
今日の研修では、WM(ウインドウマシン)を使って、
「私の年金額はいくらになりますか」などの質問に答えられるよう訓練するものだった。

この研修は、今年が2年目ということもあって、ベテランから新人まで、
また、老若男女、多士済々な階層のひとが集まった。

年金の加入期間や標準報酬月額などの履歴から、パソコンを操作して、
60歳から受給できる厚生年金報酬比例部分の年金額や、65歳から受給できる
基礎年金と厚生年金を合わせた年金額、繰り上げて受給した時の年金額などを確認し、
相談者に答える練習を行なった。

年金は、社会保険労務士の資格試験でも
70点満点中20点が配分される最重要科目の一つである。
日本の年金の仕組みは、受給権の要件も、受給額決定の仕組みも、
複雑極まりないもので、私もそうだが社労士資格を持っているものでも、
マスターしている人はきわめて少ないと思われる。

その仕組みが十分にわからないものが、パソコンを操作して、年金の受給額などを
割り出すのだが、このパソコンに入っているデータが年金にかかわるあらゆるデータで
各個人のデータだけでもきわめて膨大な量である。
さらに、項目が記号と数字を使って示されているため、画面に表示されるデータの意味を
解読するにも、一定の知識と経験が必要とされる。

前回と合わせて14時間、この機器の操作の訓練をしたが、
相談者の相談内容に応じて自在に操作するまでになるには、
この何倍、十数倍の実施訓練が必要だと思われる。

それでも、実際に機器(デモであるが)を操作できたのは、貴重な経験だった。

1週間後の次回は、また年金相談実務者としての能力を考査するテストだ。
テストは、もううんざりだが、なるべくリラックスして臨もうと、
自分に言い聞かせている。

後編は、次をクリック → 年金相談実務者研修を修了

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

特定社労士の試験点数、実際と自己採点とおお違い

特定社労士資格の試験点数、実際と自己採点とはおお違い



srnagae

特定社会保険労務士の資格を得るための紛争解決手続代理業務試験の成績通知書が届きました。スレスレでした。合格基準点が54点とたいへん低かったことに救われました。私はよくよく運のいい男です。
03-17 11:49

特定社労士試験の点数は、私自己採点とは、大違い。第2問は「不合格」水準でした。第1問も通常なら不合格水準でしたが、今回の合格基準点をわずかに上回り、ほんとうにスレスレの合格でした。でも合格は合格。ご指導くださった方々、いっしょに学んだ方々に感謝・感謝です。
03-17 11:56

今回の特定社労士資格試験の合格は、出発点。いよいよ、本格的に、社労士業のスタートです。働く人たち、良い会社に頼りにされる社労士になれるよう勉強と努力を重ねたいと決意しています。あらためて、みなさんに感謝・感謝です。
03-17 12:03



前篇は → 「特定社会保険労務士資格の試験に合格」 ← クリック


最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
関連記事

03/17のツイートまとめ

srnagae

特定社会保険労務士の資格を得るための紛争解決手続代理業務試験の成績通知書が届きました。スレスレでした。合格基準点が54点とたいへん低かったことに救われました。私はよくよく運のいい男です。
03-17 11:49

特定社労士試験の点数は、私自己採点とは、大違い。第2問は「不合格」水準でした。第1問も通常なら不合格水準でしたが、今回の合格基準点をわずかに上回り、ほんとうにスレスレの合格でした。でも合格は合格。ご指導くださった方々、いっしょに学んだ方々に感謝・感謝です。
03-17 11:56

今回の特定社労士資格試験の合格は、出発点。いよいよ、本格的に、社労士業のスタートです。働く人たち、良い会社に頼りにされる社労士になれるよう勉強と努力を重ねたいと決意しています。あらためて、みなさんに感謝・感謝です。
03-17 12:03

関連記事

特定社会保険労務士試験に合格、お世話になった方に心から感謝いたします

特定社会保険労務士の試験になんとか合格できました。
いろんな多くの方にお世話になりました。
また、いっしょに勉強した仲間から、多くを学び励まされました。
これらの方のご指導と激励にこころから感謝申し上げます。



試験直後から、自己採点では、合格4分、落ち6分だったので、
「合格発表」をこわくて、見ることができませんでした。
社会保険労務士の試験も、運良く合格できたので、その苦労に比べれば、
「特定社労士の試験勉強のもう1年くらい、どうってことない」と
自分に言い聞かせ、おそるおそる見てみると、「ありました」私の受験番号が。

今回の合格点は54点、合格率も54.△%。
これまでに比べ、合格基準点が低いものでした。
合格率は、半分弱の人が「落」という、きびしいものでした。

私の自己採点では、第1問小問(2)は、問題文を読み間違い、
私は20点の配点で4~5点と自己採点、
小問(3)も、「専門学校未修了は学歴詐称に当たらない」と、
あとで考えるとどうかな、といような解答をしたのです。
小問(4)は、まずまず合格点の解答だったと思いますが、
小問(5)は、Xの代理人にふさわしくなく、
代理人として、依頼人の利益を守るため全力を尽くすけれども
法的には弁護のしようがない事案なので
依頼人に「正直に生きましょう」と諭す、
などと型破りな解答をしてしまい、悔みに悔んでいたのです。

第2問は、丁寧に書いて、勘違いさえなければ、高得点もと思いました。

しかし、初めに解答した第2問に、
予定の1.5倍もの時間をかけてしまい、
第1問の問題文を読み始めると、これがまた長い長い……。

あせりにあせって、前述の第1問小問(2)の問題文を読み間違い、
小問(5)は、よく考えもせず、
思いつくままに解答を書いてしまったのでした。

これで、よく合格できたなと、
社会保険労務士試験といい、今回といい、
自分で、私は、なんて運のいい男なんだろう、と
ホットしています。

もう、試験はコリゴリです。

お世話になった方々に感謝しつつ、
明日から、新たな仕事に挑戦します。


最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
関連記事

 | ホーム |