プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
96位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「働く人も経営者も笑顔あふれる会社づくり」をコンセプトとした就業規則作成

「働く人も経営者も笑顔あふれる会社づくり」をコンセプトとした就業規則作成



大企業は、ため込んだ利益(内部留保)を社会に還元すべきです。
中小企業が伸びるカナメは、従業員満足の向上です。


遅まきながら、運よく社会保険労務士の資格を得、開業して丸2年。
「働く人も経営者も笑顔あふれる会社づくりを全力サポート」をコンセプトとして仕事をしてきました。

今年は、大震災、タイ洪水、超円高と企業経営は、限りなくむつかしい年だったと思います。
特に、中小企業は生き残るだけでも大変な努力が必要でした。

一方、働く人も、非正規の人が38%にもなり、いつ、仕事を失うかもしれない不安定な人がますます増えました。また、給料は下がり、正社員の人もますます長時間労働となりました。

年金、医療・介護など社会保障は貧弱になり、国民の負担も増え続けました。
さらに、「社会保障と税の一体改革」で、ますます社会保障が切り縮められ、負担も増やされようとしています。

私は、大企業に対しては、「そのもうけをもっと社会と従業員に還元せよ」と言いたい。

大企業は、08年秋のリーマンショック後も、円高のなかでも、昨年(2010年)は史上最高の利益を上げました。
もうけをため込みました。働く人にしわ寄せして利益を確保してきたのです。
しかし、ため込んだ利益(内部留保)を投資する先はありません。国内需要は小さくなっているからです。
だから、大企業は資金がダブついてきます。ダブついた資金はマネーゲームに投機されます。
これでは、実体経済は、行き詰ります。

これは、大企業の話です。中小企業は、大企業とはちがった状況におかれています。多くの中小企業は、息も絶え絶えです。
中小企業に働く人は、会社と運命共同体です。自分の会社が伸びれば、良識ある経営者であれば、給料も上げてもらえるでしょう。休日も増やしてもらえるかもしれません。

逆に、経営が行き詰れば、リストラが待っています。最悪の場合、倒産です。よくて、労働条件の切り下げとならざるを得ません。

私は、日本経済が危機を脱し、働く人と中小企業が元気になれるそのカギは、大企業がそのため込んだ利益を適切に社会に還元するしかないと言いたい。

こうした厳しい状況の中で、中小企業が伸びていくには、経営者と従業員が信頼しあい、ともに力を合わせて、がんばることが必要です。

そういう会社づくり――それが「働く人も経営者も笑顔あふれる会社づくり」という私のコンセプトです。
このコンセプトで、就業規則をはじめとした諸規程を作成してきました。
今年(2011年)は、幸いにも、このコンセプトに共鳴していただいて、仕事を依頼していただけ、感謝しています。

さらに、スキルアップもはかり、中小企業の経営者と働く人に信頼していただける社労士となれるよう精進したいと思います。


「労働相談室」へお気軽にどうぞ
電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
        ↓
働く人の幸せ願う特定社労士永江の「労働相談室」


最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

就業規則について考える――問題提起

就業規則について考える――問題提起



社会保険労務士になって、数社から依頼があり、就業規則の作成をしました。
労働基準監督署の調査を受けて、10人以上の従業員さんを雇用している会社なのに、就業規則を作成していなかった会社もありました。
就業規則、パート就業規則、育児介護休業規則、賃金規程、退職金規程、労働安全衛生規則、労働災害補償規程、高齢者継続雇用規程と基本的な規程は全部作成済みの企業様からの「見直し」の依頼もありました。

就業規則作成・見直しの依頼をいただいて、ほんとうに感謝しています。

私の社労士オフィスのコンセプトは「働く人も経営者も笑顔あふれる会社づくりを全力サポート」です。

私は、高校を卒業して、社労士事務所を開業するまでの40数年間、一貫して、働く人のくらしの向上と権利の擁護のために働いてきました。同時に岐阜県の中小企業の経営を守る政策活動にも取り組んできました。

そして、今、私は人生の締めくくりを迎えています。残り20年余りで、一人でも多くの人の幸せのために協働したいと思っています。それは私自身の幸せ=充実した豊かな人生につながります。

私は、企業・会社・職場は人間社会の基本的要素だと思います。働く人が、通勤時間を含めると少なくとも一日の半分近くを過ごす場所であり、人間社会存続と発展の基礎である経済を営む場です。

この企業・職場において、働く人が人間として尊重される企業づくりをサポートすることが私のライフワークとなるでしょう。そうした企業の集合体が社会です。人間尊重の企業が一つまた一つと増えていくことが社会進歩なのだ――微力ではありますが、この社会進歩に少しでも貢献して人生を終えたい私は思っています。

人々が働く場=人生の大半をすごすところのルールを決めているのが就業規則です。その意味で就業規則は職場の憲法と私は考えています。

自らのくらしを守り、人間としての権利を闘い取ろうとする働く人たちと、自社の社員のよりよく生きたいという願いを尊重し、そうすることで、社員の個性と能力がのびのびと発揮され、企業が発展する――この働く人と経営者の協働を全力でサポートしていこうと思います。

この私自身への問題提起・自分自身へ課した課題を追求していこうと思っています。今後、ときどき、このテーマで書こうと思います。


社員も経営者も笑顔あふれる会社づくりを全力サポート

人間尊重の経営をコンセプトとした就業規則の作成・見直し依頼は
              ↓
「正確・ていねい・迅速」な永江社労士オフィスへ


「労働相談室」へお気軽にどうぞ
電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
        ↓
働く人の幸せ願う特定社労士永江の「労働相談室」


最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。