FC2ブログ

プロフィール

社労士永江

Author:社労士永江
 岐阜県多治見市で事務所を開いている社会保険労務士の永江正道と申します。
 経営者も社員も笑顔あふれる会社づくりを全力でサポートしています。
 働く人が生きがいを持てる会社・社会をみなさんとごいっしょに築いていきたいと思います。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


全記事表示リンク


社労士永江のGoing My Way


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
460位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
118位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



「ベニスの商人」 英語で読むシェイクスピアの7作目

「ベニスの商人」 英語で読むシェイクスピアの7作目



The Marchant of Veniece (370x359)

感想を英語で書く力がないので、本から「英文」を引用しながら、日本語で解説します。

二つのテーマがある。
1つは、法律問題。
もう一つは、レイシズム。

アントニオという「ベニスの商人」がシャイロックという強欲なユダヤ人の金貸しから金を借りる。
自分のためにではなく親友ボッサニオのために金を借りる。
船の積荷が港に着けば、返済する予定であった。
ところが、船が難破してしまう。
金が返せなくなって、シャイロックはアントニオを裁判に訴える。

契約内容は、「借金の抵当はアントニオの1ポンドの生肉」である。
裁判官は、ボッサニオの妻であるポーティアという美貌の貴婦人が変装した人物である。

ボッサニオはポーティアからもらった返済金を持っている。
借金の3倍の金を返すので、肉を切り取ることはしないでほしいとお願いするが、シャイロックは「契約は生肉だ」と拒否する。
裁判官ポーティアは判決する。
「契約通り、きっかり1ポンドの肉はシャイロックのものである。
しかし、契約にない血は一滴たりとも流してはならない。
血が流れれば、殺人罪となる」。
裁判の行方をかたずをのんで見守っていたベネチ市民は、この判決に喝采する。

'But wait a moment! Portia said.
'I'd just says a single drop of his blood.
So take your pound of flesh,
but if you spill one drop of his blood when you cut it,
you will lose your land and property.
The state of Venice will take it all.'

'Is that the law?' asked Shylock in desbelief.
'That's the law ,' confirmed Portia. ' Look again at the contract.'

(「アントニオの生肉はあなたのもの」だと私は言いました。)でも、ちょっと、待ってください。
私はアントニオの血について述べようとしています。
あなたにはアントニオの生肉を取る権利があります。
しかし、もしあなたが彼の血を一滴でも流すなら
あなたは、あなたの所有するすべての土地と財産を没収されます。
ベニスの君主はそうするでしょう。

信じられない様子でシャイロックは言った。
「それが法律か」
ポーティアは毅然と告げた。
「法律とはそいうものだ」。――永江訳)


純法律論で言えば、「人の生肉を抵当とした契約」は公序良俗に反し無効であり、生肉を切り取ることは認められない、となるのだが。


もう一つのテーマは反ユダヤ主義、抑圧されたユダヤ人の復讐(Revenge)である。
中世ヨーロッパにおいてユダヤ人は抑圧され、蔑まれ、差別されていた。ベネチアにおいてもそうであった。
ユダヤ人であるシャイロックがベネチア市民の貿易商であるアントニオに利子をつけて金を貸すのでなく、生肉を担保としたのは抑圧されていたユダヤ人の復讐心からであった。

物語の冒頭の場面に次の文章が出てくる。
Shylock did not like him(antonio), More than once the merchant had criticised him in public for charging people high rates of interest on the money he lent them,
He also suspected that Antonio despise him for being a Jew and a moneylender.
Antonio was a Christian and lent money without charging interest.
This had been bad for Shylock's business,
so he did not really want to do this man a favour,
But - and Shylock almost smiled with pleasure at this thought -
it would be a sort of victory to lend money to this man who had always mocked him.

(シャイロックはアントニオを憎んでいた。
ずっとまえにもアントニオは公衆の面前でシャイロックを非難した。シャイロックは金を貸して市民から高い利子を取っている。
シャイロックは、アントニオがユダヤ人である金貸しを軽蔑していることに不信を持っていた。
アントニオはクリスチャンだ。そして利子なしに困った市民に融通していた。
これは、シャイロックの商売を妨害していた。
それで、自分をあざ笑っていたアントニオが金を借りに来たことに勝利の喜びを感じていた――永江訳)

アントニオに金を貸す場面でシャイロックは言う。
'Signor Antonio,' said Shylock.
'You have always treated me badly.
You insult me in public because I'm a moneylender.
You make fun of my religion.
And now you come to me and ask for a loan.
What should I do?
Should I forget the insults and just give you the three thousand ducats?

(「敬愛するアントニオさん」シャイロックは言った。
あなたはいつも私を悪く言っていた。
あなたは私が金貸しであることを軽蔑していた。
あなたは、私の信仰をあざ笑っていた。
今、あなたは私に金を借りに来た。
私はどうすべきか?
私はその侮辱を忘れ、あなたが求める金を貸すだけでいいのか?
(いや、そうではない)――永江訳)


永江社労士オフィスへようこそ


「労働相談室」を開設しています。
「障害年金申請」の相談や手続きの代行をいたします。
就業規則はじめ会社諸規定の作成・改定のご相談・ご依頼承ります。
介護事業所さま、病院・クリニックの雇用管理(人事評価・賃金制度作成・改定等)コンサルティング承ります。

電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
お気軽にご相談ください。

ブログランキングに参加しています。
この記事が役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


社会保険労務士 ブログランキングへ


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

シェイクスピアのシーザーとリチャードⅢを英語で読む

たじみ英語多読の会(TTT)でした。
シェイクスピア読了の4作目、5作目について英語と日本語のハイブリッドで発表しました。



I have read a few books of Shakespeare last two weeks.
Those are "The Tragedy of Richard Ⅲ", "Julius Caesar"
and "Power and Anbition in Shakespeare".
"Power and Anbition in Shakespeare" is the book
that was collected five Shakespeare's work
"RichardⅢ" "HenryⅤ" "julius Caesar" "Hamlet" "Machbeth".
These stories all are outlines.

Today I am going to introduce mainly about "julius Caesar"  

シェイクスピアシリーズの4作目は、「The Tragedy of Richard Ⅲ」。
5作目は「Julius Caesar」。
この他に「Love in Shakespeare Five Stories」-
これには粗筋だが、「The Taming of the Shrew」、「Romeo and Juliet」、
「Twelfth Night」、「Othello」、「Antony and Cleopatra」の5作がおさめられている」。
また、「Power and Ambition in Shakespeare」-
これも粗筋版で「RichardⅢ」、「HenryⅤ」、「julius Caesar」、
「Hamlet」、「Machbeth」の5作がおさめられている。

「Julius Caesar」がPompey's sonを打ち破ってローマのStreetを凱旋する。
AntonyがCeasarに帝位についてほしいと提案する。
3度の提案をシーザーは拒絶する。しかし、これはシーザーの本心ではない。

カシアスとカスカ(シーザー暗殺の共謀者)が話している。シーザーを帝位につかせてはならない。
ローマの自由のために、シーザーを暗殺しようと相談する。
カシアスは我々にはローマ市民の信頼が厚いブルータスが必要だと言う。

カシアスとカスカはブルータスの家へ説得に行く。
ブルータスは決意する。シーザーは私の友人だ。しかし、最も大事なことは自由なローマだ。
私はcomspiracy(シーザー暗殺の共謀)に加わる。この計画のリーダーを引き受ける。
カシアスは、アントニーも殺そうと主張する。
が、ブルータスは、それをしたら我々は単なる殺人者になってしまうと拒否する。
共謀者たちはアントニーは殺害しないことで合意する。

次の日の朝、元老院で
共謀者たちは、次々とシーザーを短剣で刺す。
ナイフを持っているブルータスを見てシーザーは言う。
「Even you, Brutus」(ブルータス、おまえもか)

ブルータスは、市民の前で演説する。
「Caesar is my friend, but I love Rome more than I love Caesar
and I love Freedom more than I love Caesar.
I killed Caesar because he was ambitions.
He wanted to be king. He wanted to take away our freedom.」
「Antony is here. He wants to speak to you. 
Please listen to what he say. He speaks with my permission.」

アントニーが演説する。
「friend, Romanns! Brutus has told you that Caesar was anbitions,
and Brutus is an honourable man.
But I want to ask you something.
Caesar made rome rich with his victory - was that ambitious of him?
I offerd him the crown at the feast of Lupercal,and he refused it.
He refused it three times - was that ambitious of him? Was Caesar ambitions then.」

市民はアントニーを支持する。
「Caesar didn't want to be king.
Brutus and his friends are murdderers and traitors. We'll kill them all」

アントニーは兵をあげ、ブルータス、カシアス軍は敗北する。
カシアスもブルータスも捕虜になることを拒否し、死を選ぶ。
Brutus beg his friend. Hold my sword for me, and let me run on it.

At last scene, Antony says.
Brutus was the best man of all the conspirators.
All of them hated Caesar. They killed him because they were frightened of him.
Burutus was different. He killed Caesar because he loved Rome, Brutus was a noble man!


リチャードⅢは、難しかった。1つは単語が難しい。通常の会話では使わないような単語が次々に出てくる。
表現も比喩的表現がいっぱい出てくる。
もう一つは、人間関係がこんがらがってしまってストリーの内容がつかみずらい。
リチャードⅢが自分が王になるために自分の兄をはじめ、兄の子どもや自分の妻、腹心までも次々と殺して行き、
最後には自分が殺害したものの幽霊に呪われ、闘いに敗れてみじめに死んでいく物語。
なんとも、おぞましいストーリ。

中世貴族の階位(順位)を調べたので紹介する。
①はDuke(公爵)、称号はyour(His)Grace。
以下の敬称はLord。
② Marquess(侯爵)、③ Earl(伯爵)、④ Viscounts(子爵)、⑤ Barons(男爵)。

Julius Caesar (348x360)

The Tragedy of Richard Ⅲ (348x360)

Power and Ambition in Shakespeare (347x360)


永江社労士オフィスへようこそ

「労働相談室」を開設しています。
「障害年金申請」の相談や手続きの代行をいたします。
就業規則はじめ会社諸規定の作成・改定のご相談・ご依頼承ります。
介護事業所さま、病院・クリニックの雇用管理(人事評価・賃金制度作成・改定等)コンサルティング承ります。

電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
お気軽にご相談ください。

ブログランキングに参加しています。
この記事が役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


社会保険労務士 ブログランキングへ


にほんブログ村

関連記事

「千夜一夜物語」「80日間世界一周」を英語で楽しむ

たじみ英語多読を楽しむ会で紹介
Tales from The Thousand and One nights(千夜一夜物語)、Around the World in Eighty Days(80日間世界一周)



There are two books I introduce today,

One book is “Tales from The Thousand and One Nights”

I enjoyed this. It is collection of stories from Persia,Arabia,India and Egypt.

This collection have the frame story is the most important one. “Shahhrayar and Shahrazad,his vizier’s daughter”

I will talk the stories from now in Japanese.

これは千夜一夜物語というタイトルのいわれです。兄弟の王様がいました。兄のKingが弟に、こちらの城に来てくれと招待します。弟は快諾し、出かけますが、夜になって愛するQueenにお別れのあいさつをするのを忘れたので城に帰ります。そこで見たのは、この本では、Kissing and laughingと書いてありますが、愛するお妃は城のキッチンボーイとベッドインしている光景でした。Kingは直ちに、2人を殺します。

兄のお城で、ある日、兄のKingがハンティングに出ます。弟は疲れていたので城に残ることにしました。Kingがハンティングに出かけたその日、窓からぼんやりと中庭をみていると、2人の男女がいました。兄のQueenとSlaveがkissing and laughingしていました。帰ってきた兄に話すと、我が愛する妻は貞淑でGoodな女だ、そんなことをするはずがないと信じません。そこで弟は、もう一度ハンティングに出かけて、その日の夜、帰ってくればわかると言います。兄が城に帰ると、QueenとSlaveがkissing and Laughingしているのを目の当たりにします。Kingは二人を殺します。

弟が自分の城に帰った後、新しいお妃が欲しくなり、Vizier(筆頭大臣)に命じます。新しいGirlが来るのですが、朝にはkingの寝室にいたGirlの姿はありません。次の日もNew Girlが来ますが朝にはその姿はありません。(毎日、違う男を寝室に招いては、門から出た男を見た者は誰もいないという中国の3大悪女の一人西太后の伝説を思い出しました)。

ある日、筆頭大臣の娘が、「町の娘を救うため、私がKingと結婚するわ」と言います。大臣は悲しみますが娘は「私に良い考えがあるの」と言って、Kingの城に行きます。
この大臣の娘は、毎晩、Kingに物語を語ったのでした。ただ、その夜では、ストーリーは終わらず、結末は次の日に語るのでした。娘の話が面白くて結末を知りたいKingは、次の日も次の日も、娘から話を聞きます。それが a few years 続きます。A thousand or
A thousand and oneは、英語の「a lot of」を意味する Word でもあります。
毎晩、娘から千を超える物語を聞いてきたKingは、この美しくて賢い娘に結婚を申し込み、2人は結婚します。それから、そのKingdomでは民衆が犠牲になることもなく、2人は幸せに暮らした、というお話です。

このやさしい英語の「千夜一夜物語」には、「アラジン」「アリババ」「シンドバッド」など6話のTaleが収録されています。

もう一つは、Around the World in eighty days(80日間世界一周)。この物語は、作者の体験記(旅行記)だと思っていましたが、まったく違っていました。内容は冒険物語である。
主人公が若い召使を連れて、世界一周の旅に出ます。主人公であるイギリス紳士はイギリスのクラブに所属しています。そこで、賭け(Bet)をする。掛け金は全財産の半分2万ポンド、残りの半分は世界一周旅行の費用に充てます。

主人公のホッグは、ロンドンを出発し、スエズ→ポンペイ→カルカッタ→香港→横浜→サンフランシスコ→ニューヨークを回ってロンドンに帰ります。
ポンペイでは、「妻は夫が死んだときは、夫が火葬される火の中で生きたまま焼かれ夫と命を共になければならない」という風習があります。ホッグは、焼かれる寸前の未亡人を火のなかに飛び込んで救出します。その後、ホッグ、若い召使、未亡人は、ロンドンまでともに旅します。
賭けに負け、一文無しになったホッグに、未亡人は結婚を申し込みます。一文なしでも「あなたと2人で暮らせれば僕は幸せだ」とホッグは言います。
そのすぐあと、賭けに負けたと思っていたホッグは、日にちを一日間違えており、実は勝っていたのでした。ハッピーエンドの結末でした。

作者は、「気球に乗って5週間」「地底旅行」「地球から月へ」「月世界へ行く」「海底2万里」など書いたSFの父と呼ばれるジュール・ヴェルヌである。

Tale from The Thousand and One nights(千夜一夜物語)
Tales from The Thousand and One Nights (400x393)

Around the World in Eighty Days(80日間世界一周)
Around the World in Eighty Day (380x378)


永江社労士オフィスへようこそ


「労働相談室」を開設しています。
「障害年金申請」の相談や手続きの代行をいたします。
就業規則はじめ会社諸規定の作成・改定のご相談・ご依頼承ります。
介護事業所さま、病院・クリニックの雇用管理(人事評価・賃金制度作成・改定等)コンサルティング承ります。

電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
お気軽にご相談ください。

ブログランキングに参加しています。
この記事が役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


社会保険労務士 ブログランキングへ


にほんブログ村
関連記事

「ロメオとジュリエット」を英語で読む

「ロメオとジュリエット」を英語で読む
”Romeo and Juliet"



今日は「たじみ英語多読を楽しむ会(TTT)」でした。
シェークスピアを読み始めて2作目。最初に読んだのは「ハムレット」(2バージョン)、今回読了したのは「ロメオとジュリエット」(4バージョン)。

今日の感想の発表は英語で行いました。

Hello everyone. My nick name is Machy. Call me Machy.
Today, I’d like to talk about “Romeo and Juliet” I’ve read last two weeks.
I’ve read four books “Romeo and Juliet”.
They are “Macmillan” “Penguin Readers” “Bookworms” and “Black Cat”.
This time I enjoyed one mostly is “Macmillan”one.
What I’m interested in is that poetic description and old English.
“Black Cat” one is interesting book too. This book have the column that is exploring historical background, cultural connections and other topics suggested by the text.
I’m going to talk one of them from Romeo and Juliet. That is about element of Great Love Stories. Romeo and Juliet is one of Great love stories. You know.

These element of great love stories are follow a ~h.
a The story ends with the death of both of the lovers
b One or both of the lovers fall in love at first sight, or in a very short time
c Their love is ‘impossible’ It must stay a secret
d The lovers are very young and good-looking
e The lovers have a very short period of happiness before something terrible happens
f One of the lovers has had a previous experience of love which was not satisfactory
g The woman says she is in love first
h Most of the lovers’meetings take place in secret

Next I’m going to talk some lines in Romeo and Juliet. The lines are something when the lovers fall in love.

Juliet says to Romeo
How did you get here, and why did you come? The orchard walls are high and difficult to climb. And if my family find you here, they will kill you.

Romeo says to Juliet
Love’s light wings helped me to fly over the walls. Stone walls cannot keep love out. Love is brave enough to try anything – so your family will not stop me.

Next is one line in old English
Juliet says
O Romeo, Romeo, wherefore art thou Romeo? Deny thy father and refuse thy name. Or if thou wilt not, be but sworn my love. And I’ll no longer be a Capulet.

Follow by above line in modern English
Juliet Oh Romeo, Romeo, why does your name have to be Romeo? Tell me that Montague is not your father, and that that is not your name. Or. If you won’t do that, just promise to be my love, and I shall no longer be a Capulet.


以下、現在の永江レベルの和訳文。

「ロメオとジュリエット」を4冊読んだ。今回一番楽しめたのは「マクミラン」版。シェークスピアは劇作家であるとともに詩人でもあるが、この版のセリフには、詩的な表現が多く出てくる。また、15世紀当時(?)の古語英語でのセリフも参考に一部紹介されている。

「ロメオとジュリエット」の名場面の一つは有名なバルコニーの場面。そこでのセリフを紹介する。
ジュリエット どうやってここに来たの、ロメオ。なぜそこにいるの。果樹園の壁は高いわ、よじ登ることなんてできないわ。それに、もし私のファミリーがあなたをみつけたら、あなたは殺されてしまうわ。

ロメオ 愛の翼は壁など軽く飛び越えるんだ。石の壁より愛の方が強いんだ。愛は勇敢さ。あなたのファミリーでも僕の愛を止めることはできないんだ。

次に古語英語でのセリフを一つ紹介します。
ジュリエット おお、ロメオ、ロメオ、なぜあなたの名前はロメオなの。ロメオ、モンタギュはあなたの父ではないと言って!あなたの名はロメオではないと言って。それがだめなら、私を愛していると誓って。誓ってくれるなら私は、もはやキャプレットじゃなくなるわ。

「ブラック・キャット」版も楽しめた。このバージョンには「コラム」の欄があり、「ロメオとジュリエット」に関連して、歴史的・文化的背景など作品を深く多面的に理解するのに役立つ解説が掲載されている。
「ロメオとジュリエット」のコラムの一つを紹介します。それは「グレイト ラブ ストーリー」に必須の8つの要素というものです。
1、物語は、恋人たち2人の死をもって終わる。
2、恋人たちのどちらかが出会った瞬間に恋に落ちる。少なくとも、恋に落ちるまでの時間はきわめて短い。
3、彼(彼女)らの愛は、成就しない。オープンにできない。
4、恋人たちはたいへん若くて(ロメオは16歳、ジュリエットは14歳)、美男美女。
5、恋人たちは極短い時間、幸せな時を過ごすが、けっして長くはつつかない。
6、愛し合う2人のうちのどちらかは、その前に満たされない恋を経験している。
7、最初に「あなたなしでは生きていけない」と愛を告白するのは女性である。
8、愛し合う2人の愛は、いつも祝福されない。

Romeo and Juliet from MMR (358x420)

Romeo and Juliet from BCR (364x380)


永江社労士オフィスへようこそ


「労働相談室」を開設しています。
「障害年金申請」の相談や手続きの代行をいたします。
就業規則はじめ会社諸規定の作成・改定のご相談・ご依頼承ります。
介護事業所さま、病院・クリニックの雇用管理(人事評価・賃金制度作成・改定等)コンサルティング承ります。

電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
お気軽にご相談ください。

ブログランキングに参加しています。
この記事が役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


社会保険労務士 ブログランキングへ


にほんブログ村

関連記事

世界の名作を英語で楽しめる「英語多読」

世界の名作を英語で楽しめる「英語多読」



昨年の5月から70の手習いで「英語多読」を始めた。はまってしまった。
3原則がある。①辞書は引かない、②分からないところは飛ばす、③面白くなかったら別の本に変える。実は、私は①は守っていない。
先生は、通常1分間に100語読めるという。私は、30語~50語が限度。100語読むというのは、英語を日本語を介さずに読むスピードだと思う。私はまだ、日本語に訳しているのだ。
まず、0語~30語くらいの絵本から始める。順次文字数を増やし、難しい構文も入ってくる。私も絵本(ORT=オックスフォード・リーディング・ツリー)から入って、今、1万5千語のペーパーバックが何とか読めるようになった。
第1段階の目標は100万語を読むこと。ここまでくれば英語を日本語を介さずに読めるようになる。現在、私の読了語数は70万語弱。
現在の段階でも、単語は中学で習う程度の難易度のモノが99%、1万語の本の中に、ほんとうは辞書を引いてはいけないのだが、引いてしまう私でも、10語~多くて50語。だから、これは英語の勉強ではない。ストーリーを楽しんでいるうちに英語が身に付くという優れた英語習得法だと思う。
これまでに読んだ主なタイトルは、「クリスマスキャロル」「二都物語」(以上2作はディッケンズ作)、「ジェインエアー」(シャーロット。ブロンテ作)「ハムレット」(シェイクスピア作)、「ガリバー旅行記」(スイフト作)、「ハックルベリーフィンの冒険」「トムソーヤの冒険」(以上2作はマークトゥエイン)、「不思議の国のアリス(ルイス・キャロル作)」、「宝島」「ジキル博士とハイド氏」(以上2作はルイススティーブンソン作)、「最後の一葉などオー・ヘンリーの短編」、「オペラ座の怪人」、「ピノキオ」、「アラジンの魔法のランプ」、「オズの魔法使い」、「ロビンフッド」、「小公女」。「短編集シャーロックホームズ」、「シンデレラ」、「スリーピングビューティー(眠れる森の美女)」、「ジャックと豆の木」、「赤ずきんちゃん」、「3匹の子豚」、「ヘンゼルとグレーテル」、「シンドバッド」など。
すべて原作を英語学習者向けに中学程度の英語でリトールド(書き直)したものだが、ストーリーは十分楽しめる。

Hamlet (394x420)

Alices Adventures in Wonderland (378x420)

永江社労士オフィスへようこそ


「労働相談室」を開設しています。
「障害年金申請」の相談や手続きの代行をいたします。
就業規則はじめ会社諸規定の作成・改定のご相談・ご依頼承ります。
介護事業所さま、病院・クリニックの雇用管理(人事評価・賃金制度作成・改定等)コンサルティング承ります。

電話・メールによる お問い合わせ、簡単な相談は無料です。
お気軽にご相談ください。

ブログランキングに参加しています。
この記事が役に立ったと思われましたら
下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


社会保険労務士 ブログランキングへ


にほんブログ村



関連記事

 | ホーム |  次のページ»»